くらはしのクラシック日記

~倶楽趣博人(くらはしひろと)の随想クラシックの思い出、Cafe Klassiker Hrを受け継いだブログです~


2018.10.10 (ライブ収録)
出演
マーニー:イザベル・レオナード
マーク:クリストファー・マルトマン
テリー:イエスティン・デイヴィス  ほか
メトロポリタン歌劇場合唱団、管弦楽団
指揮:ロバート・スパノ
演出:マイケル・メイヤー

この作品「マーニー」は20世紀イギリスのウィンストン・グラハムによる同名のサスペンス小説をオペラ化したもの。既にヒチコックによって映画化もされているようだが私は観ていない。ニコ・ミューリーはまだ30代のアメリカの作曲家で演出家マイケル・メイヤーからもちかけられて作曲したとのこと。

主人公のマーニーは子供の頃弟を殺したと言われて育ち、今は詐欺師となって事務所で働いている。母親にせびられたのか病気か分からないが、大金を盗んでは逃走し職を転々と変えている。彼女に一目惚れしたマークに窃盗の現場を見られ、脅されて結婚することになるが夫婦関係はない。乗馬が好きだった彼女の機嫌を取り、馬を与えると馬が暴れ出し助けようとした夫が大怪我をしてしまう。夫の入院中に金庫を開け持ち逃げしようとするが、夫の誠実な愛に気づき何も取らずに母親のもとに帰る。母親は死んでおり弟を殺したのは実は母親であると聞かされる。そこへ夫が現れてやり直そうと諭すが、彼女は罪を償うと警察の手にかかる。これがオペラを観た限りの大筋である。

真っ先にこんな母親がいるものかと思ってしまう。昨今の若い母親が男に夢中で子供が邪魔という事件を思ってもみる。しかしオペラの中にそのような節もないのでそれは置いて、この作品が言いたいのは人間の本性は善であるという風に理解したい。

音楽は演出家とよく相談したそうでその所為か何か映画のBGMを聴いてるように感じた。残念ながらクラシックの音楽として特徴的に響くものがなかったように思う。

歌手は女優のように美しいマーニー役のイザベラ・レオナードが素晴らしい。これなら男が信用するのも無理ないと思うが、そのファッションを見てるだけでも楽しい。10回程衣装を替えたが、場面が変わる度に舞台脇のテントで素早く着替え変わり身を披露した。スタイルが良いので乗馬姿が良く似合った。お相手を務めるマークのクリストファー・マルトマンも俳優並みにハンサムだったから美男美女コンビの映画を観てるようであった。兄のマークに対抗心を持ち歪んだ性格の弟テリーをカウンターテナーのイエスティン・デイヴィスが演じた。顔半分あざのメイクで一層異常に見せるためにカウンターテナーを起用したのかもしれない。カウンターテナーが個人的に好きでないこともあるが現代のオペラで強いて使う必要があるかと思う。兄弟の対比が際立つことは確かだが。

舞台転換が極めて能率が良い。壁などの仕切りは天井から下がったパネルが動きそこに映像や照明を当て、小道具の移動も役者が舞台の進行中に入れ替えるので途切れることがない。幕を下ろすのは休憩が入る時だけだが、最近こういう演出が多いと思う。それと最も気になったのが4人の影のマーニーが出ること。心の動きを表しているようだが、同じ仕草を周りで真似てるだけの時もあり、あまり意味があるとは思えなかった。

ストーリーも舞台も変化があって面白いが音楽はほとんど印象に残らなかった。新作オペラの泣き所だが何度も聴けば変わってくるかもしれない。




2019.5.11 (ライブ収録)
出演
ブランシュ:イザベル・レオナード
コンスタンス:エリン・モーリー
修道院長クロワシー:カリタ・マッティラ
新修道院長リドワーヌ:エイドリアン・ピエチョンカ
マザー・マリー:カレン・カーギル  ほか
メトロポリタン歌劇場合唱団、管弦楽団
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
演出:ジョン・デクスター

プーランクはフランスの20世紀作曲家。代表作「カルメン修道女の対話」は音楽が美しく分かり易いのに演奏される機会は少ない。日本では小澤征爾のサイトウ・キネン松本と新国研修生公演などあるが、それ以降ここ10年近くないと思う。内容が宗教の話で馴染みにくいのと、登場人物がほとんど女声ばかりと特異なことも要因と思う。

カルメン修道会はカトリックの修道院で現在もある。18世紀のフランス革命で貴族と聖職者の支配に対して民衆の蜂起がおこり、革命政府が修道院を没収し修道僧を処刑した史実がある。この物語はカルメン派女子修道院の出来事で、オペラの中で出てくるマザー・マリーが生きて書き残した「証言」に基づいている。処刑に至るまでの修道女たちの心理状況だけを描いた全く暗い話である。

この演出は1977年制作とのことだが、今観ても全く古さを感じない。舞台は真暗な中に真白の十字架を形づくった床が浮かび上がっている。そこにベッド、作業台、面会の柵などひとつあるだけの極めてシンプルなもの。修道女は黒一色の僧衣だが、俗世の人や革命兵の衣装は対照的に色彩豊かで美しい。それ以上に美しいと思ったのは人物の動きが統制されていたことである。修道院や軍隊は規律を重んずるからと言えばそうだが、それにしてもマーチング・バンドの競技みたいに幾何学的に整然としていた。オペラでここまで徹底したのは観たことがない。特に印象が強かったのは修道女一人一人が十字姿でうつぶせに十字型に整列したシーンは床も入れると三重の十字架になっていた。絶対的に神への殉教を意味したものと思う。それとフィナーレの断頭台に向かう修道女と執行兵の動きが執拗に繰り返され観てていたたまれなくなる。

歌手は主役5人が渾身の熱演であった。修道院長のカリタ・マッティラは取り乱した死に際が真に凄い演技で、ここまでできるオペラ歌手はそうはいない。これに対し新修道院長のエイドリアン・ピエチョンカは凛とした振る舞いで、これはまた対照的に素晴らしい。もう一人逃げたブランシュを追った為に生き残ったマザー・マリーを演じたのはカレン・カーギル、指導しておきながら共に殉教に命を捧げることが出来ない慟哭の演技は誠に真に迫っていた。若いブランシュとコンスタンスは性格が異なるもののイザベル・レオナードとエリン・モーリーの二人とも若く美人でとても清楚だから断頭台に向かう姿が余計に憐れみを誘った。

ヤニック・ネゼ=セガンはMET音楽監督に就任した最初のシーズンの最終公演を飾ったことになる。フランス的な響きの美しさというよりオペラを極めて劇的に表現した。とりわけフィナーレが最も強烈に印象に残る。一人一人が断頭台に向かう音楽とギロチンの音が延々と繰り返され残酷なシーンを観ていないのにそれ以上に悲しみがこみ上げ涙を禁じ得ない。

信仰、生と死の問題を真剣に考えさせられるオペラで娯楽性は全くない。それ故しばしば観るものでないが、この公演は演出音楽共に最高であった。METの聴衆もこの悲しい舞台では何時になく静かであった。楽員も泣きながら弾いていたそうである。




2014.2.8 (ライブ収録)
出演
ルサルカ:ルネ・フレミング
王子:ピョートル・ベチャワ
外国の公女:エミリー・マギー
イエジババ:ドローラ・ラジック
水の精:ジョン・レリエ  ほか
メトロポリタン歌劇場合唱団、管弦楽団
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
演出:オットー・シェンク

「ルサルカ」は数か月前に同じくMET2017年の新制作を観たばかりだが、これは旧演出のもの。先のも素晴らしかったが、これはまた全てに亘って一段上をいく。オットー・シェンクの舞台とルネ・フレミングはじめキャストを見れば想像がつく。

舞台は映画のように美しい。美術と照明により自然の風景と見まがうばかりに仕上がって、湖面などまるで本当の水があるかのように見えた。また魔法使いイエジババと水の精はどうらん化粧と衣装により現世と違う雰囲気が見事であった。

ルサルカはルネ・フレミングがデビューした若い頃から歌っているはまり役で、純情な娘心の一途な想いと苦い思い出を感情豊かに歌った。声が役柄に合っているだけでなく、演技だけの長い場面も上手く演じていた。相手の王子はこのオペラでは一番難しい役で、ともに好いているルサルカと公女の両方を前にどっちつかずの感情を表現しなくてはならない。ピョートル・べチャワは若々しい声と容姿の持ち味を十分に生かしていた。公女のエミリー・マギーも甘く言い寄ったり怒ったりとちょっと悪い女を魅惑的に演じた。魔法使いイエジババのドローラ・ラジックは情け容赦なく厳しいお告げを強く歌った。水の精のジョン・レリエはこの中で一番若いが豊潤な声の素晴らしいバスである。歌唱では一番目に付いたくらいである。その上3人の森の精霊もきれいな声のハーモニーと清純な美しい姿で魅力的だったし、森番や調理人もなかなかのものだったと思う。これだけキャストが揃うのも珍しいくらいである。

ヤニック・ネゼ=セガンの指揮はおとぎ話のやんわりしたところはないけれども物凄く劇的で素晴らしかった。ファビオ・ルイージが一時期METのシェフを狙っているようにも見えたが、結果的にカナダ出身のネゼ=セガンの方が若いので長く続けられるしアメリカらしいところが出ると思う。その後の活躍を見てると間違っていなかったのではと思う。

演出、音楽とも申し分ない極め付きの決定版であった。

そう言えばドローラ・ラジックは今年引退とか聞いた。この人は医学からの転向組で外国にはそういう人が多い。日本ではややもすると専門でないと言われがちなのに豪い違いである。

 

 

↑このページのトップヘ