くらはしのクラシック日記

~倶楽趣博人(くらはしひろと)の随想クラシックの思い出、Cafe Klassiker Hrを受け継いだブログです~


2021.4.21(水)18:30 東京文化会館生中継
東京春祭イタリア・オペラ・アカデミー
出演
マクベス:ルカ・ミケレッティ
マクベス夫人:アナスタシア・バルトリ
バンコ:リッカルド・ザネッラート
マクダフ:芹澤佳通マルコム:城 宏憲侍女:北原瑠美  ほか
イタリア・オペラ・アカデミー合唱団東京春祭オーケストラ
指揮:リッカルド・ムーティ

アカデミーの演奏会ながらそこにはムーティの考えが隅々まで行き渡った稀に見る名演であった。

東京春祭のムーティによるアカデミーは2019年に始まり昨年は中止になったからこれが2回目になる。ラヴェンナ・アカデミーの東京版と言うことで、演奏はムーティから直接指導を受けた若い受講生によって行われる。受講生だけによる演奏会も別途川崎で開催されたが、東京ではムーティ自身が指揮しソロ歌手もイタリアから連れてきた若い人が主役である。

ここで一番驚いたのは弱音が相対的ではなく極限の弱音であったこと。聴力が少し衰えてはきたが、オペラでこれ程落とすのはこれまでほとんど経験がない。大きな会場の遠い席でははたして聴こえたかと思ったくらいである。2つ目はアクセントの付け方がはっきりしていたこと。メロディーとリズムの両方あってヴェルディと思うが、その中に音楽を生き生きさせるためにアクセントを付け加えている。それをムーティは細かく分かり易く丁寧に伝えていた。通常のプロ相手だったらここまではしないであろうと思う。

歌手もオケもムーティの教え通り全く忠実に一生懸命ついていった。それが画面からひしひしと迫ってくる。緊張感があるけれども委縮することなくのびのびと演奏している。ムーティは日頃相当厳しいと聞いたが、普通のプロ相手とは気持ちが違って指示ではなく懇切な指導に徹しているように見えた。

ソロ歌手ではイタリアから連れてきた3人はムーティが自ら選んだだけあってやはり格が違う。マクベスは勇猛な将軍でありながら妻に唆されて王を殺害し亡霊に悩まされる、外面は強そうでも内面的には弱い性格である。ルカ・ミケレッティの歌唱は極めて真面目でその役に相応しいと思った。逆にマクベス夫人は勝気な女で罪に苛まれて神経障害で死ぬいわば悪女である。この役にはヴェルディ自身が声のきれいでない不美人を望んだと言われる点でアナスタシア・バルトリは当てはまらない。しかし彼女は声がきれいで力強く感情表現も豊かだから舞台上演で上手く演技を付ければ見栄えのするマクベス夫人になると思う。ふたりとも若く一生懸命だったが、ムーティの目に叶ったのだから将来のスター候補間違いなしであろう。もう一人イタリア組のバンコリッカルド・ザネッラートはもうあちこちで活躍しているバスで日本にも来て歌っている。ふたりとは違って余裕のある歌い方であった。そういう中で若い日本人受講生が見劣りしても仕方ないが一生懸命の熱演だったことはイタリア人同様である。合唱はよく揃ったアンサンブルだし、オケも読響長原幸太がコンマスターだったが他はほとんど受講生だったと思われる。それにしては鮮明な音で強弱やアクセントの効いたアンサンブルは素晴らしくムーティ指導の成果が十二分に発揮されたと思う。

普段オペラを観ているとつい目で受け入れてしまうことが多いが、完璧な演奏会形式だったから音楽が訴えかけてきた。ほぼ全員が駆け出しの若いプロでアマチュアにも似た熱気を感じた。これほど素晴らしい演奏を聴くとオペラはやはり音楽だと思う。ひとつ不満を言えば字幕がつかなかったことくらい。





2021.4.17 フィルハーモニー・ホール
出演
ズビン・メータ指揮ベルリン・フィルハーモニー
曲目
ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調

昨年東京オリンピックを記念して計画された東京春祭のベルリン・フィル特別演奏会は中止になった。それに代わって今回春祭がベルリン・フィルDCHの映像を一部放映した。指揮者も曲目も違うが今回の方が断然良い。ベルリンではメシアンの管弦楽と打楽器のための≪われ死者の復活を待ち望む≫が演奏され、無論DCHでは有料で全曲聴くことが出来る。

かってカラヤンが次世代の指揮者としてアバド、小澤、メータ、ムーティの4人を挙げていたが、アバドは既に鬼籍に入り、小澤は実質的に引退状態、メータとて85歳だから椅子に掛けての指揮であった。今来日中のムーティが元気そのものだがそれでも80歳だから指揮界の移り変わりを実感する。因みに現在の最長老はブロムシュテットの94歳だが立ったまま指揮しとてもその歳には見えない。何でも完全なベジタリアンだそうだ。

海外へ出掛けた頃はオペラを観るのが目的でコンサートの方はたまたま時間が空いた時に足を運んだだけである。だがウィーンでは2度メータのウィーン・フィル定期を聴いた。率直なところ4人の中で迫力はあったが特別目立つところがなく普通の演奏をする人だと思っていた。それが10年前に180度変ってしまった。聴いた曲も環境も影響するが事実は事実である。

そのきっかけになったのは東日本大震災直後のN響ベートーヴェン第9であった。多くの音楽家がキャンセルする中メータはわざわざこのチャリティーのために来日してくれた。その時の第9ほど感動し勇気づけられたことはない。バイロイト祝祭のフルトヴェングラー、ベルリン壁崩壊時のバーンスタインと共に永く記憶に残る名演である。2つ目は一昨年秋ベルリン・フィル来日公演のブルックナー第8番。病気上がりとかでステージに登場するのもやっとの状態で、もうこれが日本最後かと思う程であった。しかし演奏はそんなこと関係なく神々しい壮大な響きに酔いしれた。丁度同じ時期ティーレマンとウィーン・フィルが来日しブルックナー8番を演奏した。こんな経験は間違いなく一生に一度有るか無いかの幸運であった。どう変わったかというと要するに人間の魂が宿っていることである。喜怒哀楽の感情だけでなく希望、祈り、平安など人間の心の思いが込められていた。

今回のブルックナー第9番もまた同様であった。未完とはいえ長く静かに終わる第3楽章は別れのようで、シューベルト未完成と同じく未完の完成作だと思う。メータは椅子に掛けてはいたが一昨年見た時よりも元気で腕の振り方には意気があった。芸術家は誰でも年輪を重ねて円熟してくるものだが、メータは歳をとり気骨の指揮者にもなった。

メータは昨年スカラ座との来日公演が中止になり今年初めも入院してたそうだがこの元気ならまずは一安心である。メータ自身ブルックナー9番は自分に合っていると言ってるし、実際よく演奏している。再度来日が可能かどうかは分からないが、ブルックナー9番が告別にならないことを心から祈る。朝比奈隆大阪最後の演奏がブルックナー9番であったから。




2021.4.16 ミュンヘン・ガスタイクホール(ライブ収録)
出演
クリスティアン・ティーレマン指揮バイエルン放送交響楽団
曲目
リヒャルト・シュトラウス:ウィーン・フィルハーモニーのためのファンファーレ
                   16の管によるソナチネ第1番ヘ長調 「傷病兵の仕事場より」
シューマン:序曲・スケルツォ・フィナーレ ニ長調 op52

ティーレマンはバイエルン放送響(BRSO)初登場だそうだ。そのプログラムがまた珍しい曲ばかりで驚く。1時間程度の無観客ストリーム放送なので通常のコンサートではまずないと思う。

ティーレマンはフルトヴェングラー、クナッパルツブッシュ、カラヤンを師と仰ぐ生粋のたたき上げ指揮者で特にオールド・ファンには熱烈な支持者が多いと思う。だがなかなか妥協が出来ない性格のようでベルリン・ドイツ・オペラもミュンヘン・フィルも気まずい関係で去っている。BRSOの指揮台に立つならばミュンヘンの音楽ファンはきっと大歓迎であろう。

曲目は本来ならドイツの大曲を望みたいところだがソーシャル・ディスタンスを確保しての演奏は無理である。止む無く得意な作曲家から選んだのがこのプログラムになったと見える。たとえ一般向きでないにしても拘るところはティーレマンらしい。最初のウィーン・フィルのためのファンファーレはBRSOに向けられたティーレマンの喜びではなかったか。華やかな金管の音が響き渡った。2曲目の16本の管楽器による「傷病兵の仕事場より」は初めて聴く曲。明るい感じがしない標題だが、変化の少ないような曲で理解できず馴染めなかった。最後はシューマンの交響曲と言ってもよい管弦楽曲。楽員は弦を1プルト減らして合唱スペースまで拡張した広いステージに散らばっていた。にもかかわらずティーレマンらしく遅めのテンポで重厚な響きを出していた。シューマンはややもすると退屈するのでもっとアクセントをつけた歯切れのよい演奏が聴き易いが、この方が本来のシューマンらしい美しさと思う。

BRSOはマリス・ヤンソンスの急逝で首席指揮者がブランクになっている。2023年からサイモン・ラトルが就任することになっているが、その間を繋いでいかなければならないのでいろんな指揮者に声がかかると思う。ティーレマンは現在バイロイトとドレスデンが中心だが、BRSOの方もこれでお仕舞いということはなかろうからこれから指揮する機会も増えると思われる。


↑このページのトップヘ