くらはしのクラシック日記

~倶楽趣博人(くらはしひろと)の随想クラシックの思い出、Cafe Klassiker Hrを受け継いだブログです~


キャスト

ジークムント:ジェス・トーマス

ジークリンデ:ヘルガ・デメッシュ

ヴォータン:テオ・アダム

ブリュンヒルデ:アニア・シリア

フンディング:ゲルト・ニーンシュテット

フリッカ:グレース・ホフマン  ほか

NHK交響楽団

指揮:トーマス・シッパース

演出:ヴィーラント・ワーグナー

 

8年間酷使したパソコンが壊れて買い替えることになった。それでほぼ1週間空いてしまったがその間に見逃したものもいくつかある。これは復帰後最初に観た1967年大阪でのバイロイト初の海外公演である。映像があるとは知られていたがなかなか見つからず、FBで紹介されてるのを知って早速観た。モノクロで声と口の動きが合わないから別々に撮ったものと思う。何せ50年以上前のことだから映像も音もその当時のものと思って視聴しなければならないが、記念すべき公演の雰囲気は十分に伝わってくる。

 

演出はヴィーラント・ワーグナー。最近のバイロイトは演出家の独善と偏見によるワーグナーの原作を無視したものが多いから、こういう時は一度過去の評価の定まった制作に戻るのが良いと思う。懐古趣味がないわけではないが、良いものは良いと理解するのが鑑賞の基本原則だと思う。好き嫌いの問題とは違う。

 

舞台は真っ平らで何も置いてない。背景に幕ごとにトネリコの大木、枯れ木を組んだような部屋と森、天馬が飛び交うような雲や燃え盛る炎。それもパネルに描いたか、映像で見せるだけである。舞台は極めて暗く照明をスポット的に当てている。小道具も槍、剣、斧と蜜を飲む角杯だけで極めて少ない。衣装だけはそれなりに拵えてあった。こうした中で歌手の演技を中心に進行するが、それも皆大げさな動きはない。しかし棒立ちではなく、立ち位置と仕草はよく考えられていると思った。よく見る両腕を広げたり拍子をとるような動きは一切なく、相手と向き合うとか目を合わせるとかの日常見られるような普通の姿であったし、舞台上の移動も機械的でなく感情の起伏が感じられるような動きをしていた。特に印象に残った場面としては、ヴォータンがブリュンヒルデを抱きながら告別を歌ったのが感動的だったし、ワルキューレの騎行をシルエットとして浮かび上がらせたのも美しかった。

 

当然のことだが歌手で現役で残ってる人は一人もいない。驚くのはキャストが滅茶苦茶に若いこと。ジークリンデ、ブリュンヒルデはまだ20代、最年長のフリッカだって46歳。ヴォータンのテオ・アダムも当時まだ41歳であった。体つきも皆若々しい。ジークムントのジェス・トーマス(40歳)は筋肉マンで両脚を曝け出しても見事だし、ブリュンヒルデのアニア・シリアは今時のオペラ歌手では見られないスリムな姿である。因みにアニア・シリアは10歳で舞台に立ち20歳でバイロイトでゼンタを歌ったという伝説の人だが、クリュイタンス、ドホナーニと結婚しヴィーラントとも関係があったといわれる。それはともかく歌唱は皆、声量の程は分からないが素直で癖のある人はいなかったと思う。

 

トーマス・シッパースは情緒のある指揮で素晴らしかったし、N響も多分これが最初の「ワルキューレ」ではなかったか凄く熱のこもった演奏であった。

 

この大阪公演はバブル時代とは言えチケット代が初任給1か月分くらいだったと記憶する。今なら20万円に相当するが、実際会場で聴いた恵まれた人も今では少なくなったと思う。そんな昔の話である。

 

尚その時のもうひとつの演目はブーレーズの「トリスタンとイゾルデ」であったが、これも観てみたいと思っている。また「ワルキューレ」に興味のある方は次のURLからご覧ください。

 

https://www.youtube.com/watch?v=q2ICeaFM1iE&feature=share&fbclid=IwAR3d-lb5pCD2hbdrf5gmX0_aj1Bnp79Em15cbU2zCxzHPqakTj1k3f8o1VU

 

 

 


2018.
2.25 3.18 (ライブ収録)

出演

トリスタン:アンドレアス・シャーガー

イゾルデ:アニヤ・カンペ

マルケ王:ステファン・ミリング

ブランゲーネ:エカテリーナ・グバノヴァ

クルヴェナール:ボアズ・ダニエル  ほか

ベルリン国立歌劇場合唱団、管弦楽団

指揮:ダニエル・バレンボイム

演出:ドミトリ・チェルニアコフ

 

改修が終わってやっとオープンしたベルリン国立歌劇場の新制作公演。バレンボイム得意中の得意の「トリスタンとイゾルデ」で、当代屈指のワーグナー歌手を揃えて稀に見る超名演であった。

 

バイロイトでバレンボイムは「トリスタンとイゾルデ」を11年も指揮している。ベームも多いがそれでも7年だから如何に長いか分かる。スカラ座の指揮者になった2007年のシーズン開幕公演でも取り上げているから、ご本家の再オープンを飾るのはこの曲以外は考えられなかったであろう。

 

演出はドミトリ・チェルニアコフ。読み替えで登場人物は異なるが不自然は感じなかった。2週間程前にチューリヒの「ペレアスとメリザンド」を観たが、この人の特徴は時代場所に拘らない人間の心理描写に特化していることらしい。この公演でも海や森は出てこない。若干模様替えした一つの部屋だけで舞台は進行する。時代は現代、1幕は豪華客船のサロン、2幕は別荘、3幕は故郷の自室と思ったらよいかもしれない。衣装も日常の服装である。こういう場面ではすべては歌手の実力にかかってくるが、それが皆全身全霊を傾けた大熱演であった。

 

アンドレアス・シャーガーのトリスタンは今年の春祭で聴けるはずであったが、このベルリンの映像を観てますます残念に思った。タガが外れた喜びのほとばしりといい、イゾルデを待ちわびる何かに取り付かれたような狂気といい、凄いとしか言いようがない。やり過ぎと思うくらいである。

 

イゾルデのアニヤ・カンペがこれまた最高の出来であった。ヒステリックな怒り、恍惚とした幸せ、悲しみと寂しさ、どの場面でも迫真の演技で1幕など怖くなるほどであった。また演出の指示だと思うが、毒薬をハンドバックに入れておいたり、フィナーレで薬をもってトリスタンの眠る部屋に入ったり、ストーリーを分かり易くしていたのも良かったと思う。

 

マルケ王のステファン・ミリング、強面だが人間味のある温かいまた悲しみに溢れた歌唱で胸を打った。エカテリーナ・グバノヴァはやり手の秘書の感じを出した素晴らしいブランゲーネを演じてさすが得意の持ち役である。クルヴェナール役のボアズ・ダニエルは他の人の陰になって注目していなかったが、驚きの安定した力強い声で印象に残った。この人何でもやれるようだ。当然のことだが、誰も歌唱力に全く不安がないので自信をもって演じていた。これだけ個人を強く打ち出しても指揮者との息がぴったりなのは驚くべきことである。

 

疑問に思ったことが2点ある。一つは2幕トリスタンがイゾルデに会って喜ぶ場面、子供じゃあるまいしあんなに軽々とはしゃぎ回るのはどうかと思った。もう一つは羊飼いの角笛(イングリッシュ・ホルン)がクルヴェナールに招き入れられ寝室で吹いていた。読み替えとは言え何だったろうか。

 

話の内容はともかく歌劇場のオープンに相応しい大熱演超名演であった。これでベルリン国立歌劇場バレンボイムのワーグナーを「パルジファル」(2020.4.16記事)、「タンホイザー」(2020.7.5)と3作品を観た。勿論この公演が最高。同じチェルニアコフの演出でも「パルジファル」は音楽は良くとも演出の読み替えが原作を無視した酷いもの。「タンホイザー」はダンスの入った新鮮味のある公演であった。やはりワーグナーは良いと思う。

 

 


2014年4月 ベルリン復活祭音楽祭 シラー劇場

出演

領主ヘルマン:ルネ・パーぺ

タンホイザー:ペーター・ザイフェルト

ヴォルフラム:ペーテル・マッティ

ヴェーヌス:マリーナ・プルデンスカヤ

エリーザベト:アン・ペテルセン

ワルター:ピーター・ソン  ほか

ベルリン国立歌劇場合唱団、管弦楽団

指揮:ダニエル・バレンボイム

演出・振付:サシャ・ヴァルツ

 

ベルリン国立歌劇場が改修中でシラー劇場で行われた2014年ベルリン復活祭音楽祭における公演。国立劇場より舞台も客席もかなり小さいと聞くが、映像で見る限りオケの音もそれを感じなかった。バレンボイムは東西ドイツ合併の1992年以来音楽監督を務めているからその辺は十分に心得ていたと思う。むしろ聴衆の方は身近に聴けて良かったのではなかろうか。

 

これ迄に観た「タンホイザー」の中で最も美的な舞台であった。抽象的で簡素ではあるが装置も人の動きも美しかった。演出のサシャ・ヴァルツはドイツの女性振付師でダンスを全面的に取り入れたのが特徴である。ヴェヌスブルグは底のないお椀を倒したようなセットの中で裸の男女が踊りまくる。歌合戦の場は天井から吊るされた金色の長いポールがカーテンのように並んでいるだけで入場を華やかにするダンスを舞う。一転終幕は何もない暗い空間。衣装は正装で統一されている。端的に言えばすべてが実にすっきりしていて美しい。裸でもいやらしさを感じない絵のようであったが、これは公演で大事なことである。

 

歌手陣は皆素晴らしかった。歌唱だけでなく見た目の格好も良かった。タイトルロールのペーター・ザイフェルトは地に着いたはまり役で素晴らしかった。ちょっと太めだがバランスがあるのでそれ程場違いの感じはない。ヴォルフラム役のペーテル・マッティは抜きんでた長身で真面目な歌唱、片想いで大人しいが巡礼から帰ったタンホイザーとの対決は怒る気持ちがよく出た熱演であった。激しい演技でメガネが落ちるほどであった。ヴェーヌス役のマリーナ・プルデンスカヤはバイロイトにも長く出ているスリムできれいな人だが、この役柄にはちょっと合わず冷たい感じがした。エリーザベト役のアン・ペテルセンは安定した冷静な感情表現だが喜びと悲しみを演じて印象的だった。

 

ティーレマンが出る前のバイロイトでは、現役の中でバレンボイムが最も活躍した指揮者であった。「タンホイザー」は振ってないが、リングを5年続けて指揮したのは長い歴史の中でブーレーズ、レヴァインとバレンボイムの3人しかいない。ワーグナーの権威者である。歌手に任せるというより自分流に引っ張ってゆくタイプで、テンポ、強弱、アクセントのつけ方で感情を盛り上げるのが上手いと思う。私の好みに合わない思うこともあるが、ワーグナーは素晴らしい。

 

ちょっと気になったが口の動きと声が微妙にずれている。ライブそのものでなく編集を加えていると思われる。それはあってもこれはバレンボイムとサシャ・ヴァルツが牽引した名演だと思う。これに続いて「トリスタンとイゾルデ」「パルジファル」のストリームも観ることにしている。

 

 

↑このページのトップヘ