2018.12.12~31 (ライブ収録OPERAVISION
出演
オイリアンテ:ジャクリーン・ワーグナー
アドラール:ノルマン・ラインハルト
エグランティーネ:テレサ・クロンターラー
リジアルト:アンドリュー・フォスター=ウィリアムス
ルイ6世:シュテファン・ツェルニー  ほか
アーノルド・シェーンベルク合唱団、ウィーン放送交響楽団
指揮:コンスタンティン・トリンクス
演出:クリストフ・ロイ

ウェーバーはベートーヴェンと同じ時代の作曲家だが、有名な割に演奏されることが少なく、偉大なベートーヴェンの陰に隠れている。歌劇「オイリアンテ」はウェーバー最後の作品で、欧米でも上演される機会は少なく日本では当然その記録もない。

ストーリーは幸せに結婚した二人に振られて、嫉妬から復讐に走る男女が、一応成功したかに見えて結局自滅する話である。善悪の対決で悪は強く善は弱い状況で進み、最後に善が残るという筋立てはオペラに限らず芝居の常道である。「ドン・ジョヴァンニ」も「マクベス」も勧善懲悪のサムライ映画だってそうである。善が勝つから楽しめるのであって悪が勝っては気が重くなってしまう。善が滅びるものを観るには予め心構えがいる。

クリストフ・ロイの現代に置き換えた洗練された演出が素晴らしい。奥行きの深い無機質な部屋で、上手にベッド(これは愛を表す)と下手窓際にピアノ(上流社会つまり金か)があるだけで最後はベッドだけになる。極めてシンプルで白い舞台セットである。奥と上手のドアから出入りして演ずる。衣装は基本的に白と黒、全て取り除いて人間の感情表現だけに集中した演出である。だから棒立ちで歌うことは絶対ない。イタリア・オペラならもっとドロドロした感じになるが、このすっきり垢ぬけした舞台では陰湿ではなく冷酷な雰囲気が出ていた。

コンスタンティン・トリンクスは大野和士のアシスタントをしてたそうで、新国や東京フィルに客演登場したことがある。若手のオペラ指揮者で明晰で強弱が大きくストーリーの展開をよく心得た演奏であった。歌手は皆スタイルの良い若い実力者が揃っていた。オイリアンテのジャクリーン・ワーグナーは気品があってしとやかで貞淑な夫人を演じていた。ヴィブラートの少ない清く力強い声が素晴らしい。ワーグナーやRシュトラウスを得意としているそうで、ティーレマン指揮でマイスタージンガーのエファも歌っている。オイリアンテを陥れるエグランティーネ役テレサ・クロンターラーは美女なのに憎々しい悪女ぶりを上手く演じていた。男声ではルイ6世をつとめたシュテファン・ツェルニーの朗々としたバスの声が凄く印象に残った。アドラールのノルマン・ラインハルトはイケメンだし、叙情的な歌唱でオイリアンテと似合いであった。悪役リジアルトのアンドリュー・フォスター=ウィリアムスは素っ裸でかなり長く歌う場面があり、そのナイスバディ―の職業意識に感心した。ヌードの大写しはさすが避けていたから観れたが、ロイもそこまでやる必要はないと思った。シェーンベルグ合唱団のアンサンブルは特に弱音で素晴らしかった。

垢抜けした演出と歌手の熱演に魅せられた質の高い公演であった。日本語字幕がついたのも初めて観るオペラの場合特に有難く、オーストリア以外の国ではないサービスである。なおナクソスからDVDが販売されている。