2016.4.16 (ライブ収録) 

出演
ロベルト・デヴリュー:マシュー・ポレンザーニ
エリザベス1世:ソンドラ・ラドヴァノフスキー
サラ:エリーナ・ガランチャ
ノッティンガム伯爵:マリウシュ・クヴィエチェン  ほか
メトロポリタン歌劇場合唱団、管弦楽団
指揮:マウリツィオ・ベニーニ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー

 

ドニゼッティの英国王朝3部作は「アンナ・ボレーナ」がヘンリー8世、「マリア・ストゥルダ」と「ロベルト・デヴリュー」がその子エリザベス1世のいずれも狂った愛を題材にしている。嫉妬や猜疑心から処刑してしまう非道の話は気持ちの良いものでなく、好きなオペラでない。こういう作品を3つも書く感覚が知れないが、単に大衆の興味に合わせた結果だろうか。METがこの3部作を一挙連続して配信したので一番新しい作品ひとつを観た。

歌手の凄さに尽きると思う。中でもエリザベス1世を演じたソンドラ・ラドヴァノフスキーが別格に目についた印象が強い。個性的で極めて力強い声、その上コロガリも完璧にこなす人はいないと思う。その声は杖をついた年老いた女王の姿に合わないとは思うが、感情を露にした歌唱は如何にも劇的である。狂乱の場の演技も良かった。それと対照的にサラ役エリーナ・ガランチャがまた素晴らしい。決して崩れない歌唱はこのベルカントでも発揮された。深い声と同情を集める控え目の演技に惹きつけられた。タイトル・ロールのマシュー・ポレンザーニは甘いリリックな声で適役である。2幕監獄のアリアはとりわけ感動的であった。ノッティンガム伯爵のマリウシュ・クヴィエチェンはエリザベスに比べるとちょっと大人しい感じがするが、何をやっても上手くこなす歌手だと思う。

マウリツィオ・ベニーニは顔も温厚だが指揮もそんな感じがする。オケを引っ張ろうとする態度が見えないのにオケと歌手の息が自然にあってしまう不思議な指揮者である。

演出は劇中劇の形をとって、舞台は王宮内の劇場、左右に観客席がありそこに合唱が入っている。アリアが終わると劇中と劇場の両方から拍手が起きる。終演後の挨拶も両方にする。場面転換は後方の壁を変えるのと玉座や執務デスクを持ち込むだけのシンプルなもの。だが繊細に仕上げられて見栄えがした。歌手が演じているのを観るのでなく歌手が演じている様子を観ていることになり、話の生臭さが多少軽減されるように感じた。これは良かったと思う。

ラドヴァノフスキーは200回目のMET出演になるそうで、いかに多くの役に出ているかを物語っている。ポレンザーニと共にアメリカ出身だからひときわ大きな拍手を受けていた。