2018.3.31 (ライブ収録)
出演
フィオルディリージ:アマンダ・マジェスキー、ドラべッラ:セレーナ・マルフィ
フェルランド:ベン・ブリス、グリエルモ:アダム・プラヘトカ
デスピーナ:ケリー・オハラ、ドン・アルフォンソ:クリストファー・モルトマン
メトロポリタン歌劇場合唱団、管弦楽団
指揮:デイヴィッド・ロバートソン
演出:フェリム・マクダーモット

コニーアイランドを舞台にした現代演出。舞台装置にメリーゴーラウンドやコーヒーカップの乗り物が出るのは分かるが、火吹きやコントーションなどの曲芸まで見せるのでプロのパーフォーマンスをもう一つ見てる感じがする。本物のヘビまで登場するが歌手が首に巻くのはさすが作り物だから、これならはじめからやらない方がよい。オペラは歌とオケの音楽を基本とする芝居だから、ここまでやると行き過ぎと思った。オペラは娯楽のアメリカ的と言えば確かにそう思う。

解釈上で面白い点もあった。戦争に行く場面で2組だけでなく合唱団のペアも多く参加させて本当に別れを惜しむように見せていたのと、フィナーレで元の鞘に収まる前にさらに別の相手と組んだりして人の心は変わり易いものということを表して良かった。

キャストは新進歌手を中心にしたもので知らない人が多かった。その中で声に張りのあったグリエルモのアダム・プラヘトカが印象に残った。フィオルディリージが宙吊りのゴンドラ気球に乗ってアリアを歌ったが不安定でさぞ難しかろうと思う。デスピーナのケリー・オハラは軽快な動きがミュージカル・スターらしいし、ドン・アルフォンソのクリストファー・モルトマンは仕切り屋として存在感があった。デイヴィッド・ロバートソンの指揮は軽くスカッとした響きを出しこの演出にはよく合っていた。

この公演はブロードウェイのようでMETらしくなかったと思う。歌唱も普通の感じがするが、若手で皆よく頑張っていたと思う。歌手の皆さん容姿も見栄えするし本当に楽しいオペラであった。