2020年9月 聖ルカ教会 (ライブ収録YouTube
出演
青ひげ公:ジェラルド・フィンリー
ユディット:カレン・カーギル
ロンドン交響楽団
指揮:サイモン・ラトル

今秋の来日が中止になったラトル&ロンドン響が予定されていたプログラムのひとつを日本向けに配信してくれた。演奏の前後に日本の聴衆に向けて挨拶があったし、日本語の字幕までついて特別の心配りがあった。

通常のコンサートホールでなくビデオ収録用に制作したもので、歌手は指揮者と同じくオケを前にして歌っている。すなわち指揮者と歌手の正面をオケの後ろからずっと撮っている。オペラとして珍しい映像と思う。演奏会形式で譜面は置いているが左右に設けられた階段の踊り場で演技もしていた。

「青ひげ公の城」はバルトーク唯一のオペラである。表面的には何人も妻を殺した青ひげ公を徐々に追い詰めていくようなストーリーになっている。だから普通は一貫して暗く不気味で張り詰めた演奏が多いように思う。ところがラトルの演奏はロマンティックでドラマティックな感じがして、これまでの演奏と随分違う印象を受けた。セリフの上では殺人を臭わせているだけだから、見方によっては惚れた男の過去を知りたいと思う女の心情を描いたと考えられなくもない。ラトルの演奏はそれに近かったのではと思う。

青ひげ公のジェラルド・フィンリーは何かを隠しているようなナイーブな表情が出ていたと思うし、ユディットのカレン・カーギルはギスギスしたところのない感情的な歌い方であった。つまりフィンリーは普通のカーギルはラトル流になっていたと思う。

このオペラは男女二人だけの人間心理描写だから、舞台上演にしてもあまり変わらないと思う。コンサートに取り上げるには適したオペラである。

オケはマスクをつけずソーシャル・ディスタンスを充分とっていたので、縮小した弦5部だけで通常のステージを埋めるくらいになっていた。この状態を守るとコンサートホールでは無理だから後期ロマン派以降の大編成管弦楽は当面聴けないであろう。一体何時迄待つことになるであろうか。